プロフィール

harouen

Author:harouen
作曲家。
 ホームページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ノーム・チョムスキー:メディア・コントロール 1-21 & 安倍晋三の危険性

「放置されている憲法違反者への最後のお願い:後藤健二さんの生命を守ってください!」 (2015/01/28) のつづきです。



不条理システム - 13 -

世界の支配構造 1 - 情報支配 -


自民党は米国CIAの資金提供によって培われたれっきとした売国政党であったことは既に書きました。自民党のみならず「健全な野党」を標榜する日本共産党でさえその本質は自民党別動隊であり、この議会制における見掛上の二極対立の仕組とは結局のところ結果的には相互補完的な効果しか齎さないというその不条理性故に、私は福島第一原子力発電所のマークI型原子炉格納容器の致命的欠陥を喩えとして援用しつつ{マークI型原子炉格納容器とは実際もって科学的にまさに「不条理システム」に他ならない(電源喪失に拠り内部の圧力が危険域にまで高まってくる時に行う“ベント”は、本来危険な放射能を封じ込めておくための格納容器としての生命の終りを意味することから後藤政志氏はそれを「原子炉の自殺」と仰った)のでした}、現代社会の凡そすべてに亙りその「効果」が作用してしまい極一部の特定のエリートたちのみが得をするといったこの支配と搾取の構造を「不条理システム」と呼び、その実態を問うべくこのブログ上でシリーズとして記事にしてきたわけですが、ISによる2月1日の後藤健二さん殺害を境に発言の機会をほとんどツイッターに切換えていました。この間、絶望と無力感と焦燥とに彩られた日々が無情にも容赦なく過去って行ってしまうというような心地でしたが、以下にご紹介する動画を機に、なるべく有益な記事を書こうと気を取直した次第です。

権力者はメディアを駆使して私たちを支配することに力を注いできました。
戦後日本では「3S」(則ちScreen, Sport, Sex)で目眩しを行いつつ影で重大なこと(例えば軍事システムや戦争、奴隷化のための超管理システムの開発等)を推進めてきました。それは米国では痛ましいほど顕著で、それを「オーウェリアン化」と言っていいでしょう。オーウェリアン⇨ジョージ・オーウェル
愚かな安倍政権によって日本はこの痛ましき米国の二の前を踏まされようとしています。

以下、おすすめ動画です。チョムスキー氏は随分早くから以上のような事柄について警告を放っていました。今回シリーズ21回に亙る「メディア・コントロール」とその後に付録しました「安倍晋三の危険性」へのご発言と併せてまさに病める現代を知る上で必見です!(尚、「...メディア・コントロール 1-21」は山崎淑子さんのブログで、「...安倍晋三の危険性...」はMughi Tchaさんのチャンネルからです。感謝申上げます。)

ノーム・チョムスキー:メディア・コントロール 1-21 & 安倍晋三の危険性 - YouTube

(1から22まで自動再生されます。もしされない場合は順にクリックしてご視聴ください)



つづく




関連記事

<< (改題)非合法安倍政権の最期は近い! | ホーム | 「放置されている憲法違反者への最後のお願い:後藤健二さんの生命を守ってください!」 >>


 ホーム