プロフィール

harouen

Author:harouen
作曲家。
 ホームページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

世界の支配構造 - 序 -

じわじわと広がりつつある「特定秘密保護法」効果 (2015/01/16) のつづき。


不条理システム - 12 -
世界の支配構造 - 序 -


●世界最悪の暴力国家に国民のお金を貢いで国民の命を危うくさせるまさに死神の遣い!

未だに自民党を応援している人がいるとしたら、その人はお金を払って自国の子供たちや仲間を殺してもらうことに等しいことをやってしまっている という、実に不条理に充ちたことをしているという訳です。それが「不条理システム」の不条理たる由縁なのです。

以下、転載。

公表した映像は加工、合成の疑い
2015年1月20日(火)22時11分配信 共同通信

 過激派「イスラム国」とみられるグループが公表したビデオ映像は合成、加工された疑いがあることが20日、分かった。映像を分析した日本政府関係者が明らかにした。

 映像には、日本人とみられる男性2人と黒い覆面をかぶりナイフを持った人物の計3人が写っているが、関係者によると、男性2人の影の映り方が不自然という。

 フリージャーナリスト後藤健二さん(47)の可能性がある男性は、左半身側に影が映っているのに対し、湯川遥菜さん(42)とされる男性は、右半身側に影があるように見える。



転載、以上。

要するに非常に雑な犯罪(すぐバレるような...)を共謀して犯しているという訳です。イスラム国とは「やらせ」の偽装国家に他ならない。


以下、転載。

安倍首相演説に猛反発=日本を十字軍扱い-「イスラム国」
2015年1月20日(火)19時11分配信 時事通信

 【エルサレム時事】過激組織「イスラム国」とされる組織が20日公表した日本人2人の殺害を警告したビデオ声明は、安倍晋三首相が17日にカイロで行った中東政策に関する演説で過激主義を封じ込めるために「中庸が最善」と訴えたことに激しい反発を示した。警告は演説への報復として表明された形だ。
 声明は、日本が「十字軍」に加わろうとしていると指摘した。十字軍は、イスラム過激派がキリスト教徒中心の欧米諸国を批判する際に使用する表現で、日本を欧米と同様の「主敵」と位置付けようとしている。 



転載、以上。

世紀の馬鹿首相(と言うか、憲法を逸脱しているので、そもそも総理大臣などやる資格がないのですが、不正の上に成上ってしまったインチキ首相)が国民の生命と財産を脅かす元凶であえることがこれで証明されると想うのですが、これまで自民党を応援してしまった人たちは気がついた時はもう手遅れだったという訳です。


以下、転載。

2015.1.19 00:34 産経新聞
安倍首相 イスラエルのネタニヤフ首相と会談

 中東歴訪中の安倍晋三首相は18日午後(日本時間同日深夜)、3カ国目の訪問国イスラエルに到着し、首都エルサレムでネタニヤフ首相らと少人数の首脳会談に臨んだ。パレスチナ問題や、経済分野の協力強化が話題になったとみられる。(エルサレム沢田大典)

plt15011900340002-n1.jpg


転載、以上。この握手↗が意味するところはつまり、日本の現政権とは「世界最悪の暴力国家に国民のお金を貢いで国民の命を危うくさせるまさに死神の遣い!」に他ならないということです。石破は早速自衛隊十字軍化に勤しむことでしょう。暴走老人たちはさぞかし活気づくことでしょう。国民はいよいよ追詰められることでしょう。
いい加減目覚めた方がいいですよ、未だに自民党応援なんかしている人たち! いくら泣きわめいたとしても もう どうにもならない事態に自分で自分を追込んでる、まさに不条理システムの奴隷...


以下、転載。

ネタニヤフ氏「日本もテロに巻き込まれる恐れ」
2015年01月19日 19時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


 【エルサレム=寺口亮一】安倍首相は18日午後(日本時間19日未明)、イスラエル・エルサレムで同国のネタニヤフ首相と会談した。

 両首相は、ユダヤ人の犠牲者も出たフランスの連続銃撃テロ事件を厳しく非難した上で、テロ対策で連携を強化する方針で一致した。安倍首相は、イスラエルとパレスチナによる中東和平交渉の早期再開をネタニヤフ氏に呼びかけた。

 安倍首相は「卑劣なテロは、いかなる理由でも許されない。国際社会と緊密に協力し、テロとの戦いに引き続き取り組む」と表明した。ネタニヤフ氏は「世界的にテロの動きに直面している。日本も巻き込まれる可能性があり、注意しなければいけない」と述べた。

 イスラエルが昨年夏にパレスチナ自治区ガザで軍事作戦を行い、ユダヤ人とパレスチナ人の対立が深刻化していることについて、安倍首相は「暴力と不信の連鎖を懸念している」と指摘した。「対立がエスカレートするような行為は控えてほしい」とも述べ、ヨルダン川西岸への入植活動を停止するよう求めた。

 また、両首相は、日本とイスラエルの投資協定締結に向けた準備交渉を早期に始めることで一致した。



転載、以上。

「卑劣なテロは、いかなる理由でも許されない」だって?
「テロ」に巻込んでるのはいったい誰なんだ?! アベコベめ、あなたこそがテロに他ならない!
 
今すぐ現政権にドクターストップを!!!


つづく






関連記事

<< 「放置されている憲法違反者への最後のお願い:後藤健二さんの生命を守ってください!」 | ホーム | じわじわと広がりつつある「特定秘密保護法」効果 >>


 ホーム