プロフィール

harouen

Author:harouen
作曲家。
 ホームページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

アベノ大罪

憲法違反者安倍晋三の「解散選挙」の意味 その3~「バカヤロー解散」と「世紀の頓珍漢解散」~自民党曰く「衆議院解散は首相の専権事項」に法的根拠はない!!~ (2014/11/22) のつづきです。


不条理システム - Monologue IV -
アベノ大罪


前記事について「いったいどこに希望があるんだ?! 絶望に絶望を上塗りしているだけじゃないか?!」という声が聴こえてきそうでしたが、今、ことは切迫しています。もう少し、絶望的な内容の記事を続けます。何故ならそうした現実認識を踏まえなければ、いくら希望的要素があったとしても、元も子もなくなってしまうからです。

今の日本の絶望的な現実とは、他でもない、憲法違反者安倍晋三に拠る独裁です。マスコミはNHKを筆頭に「大本営発表」に完全に成下ってしまっています。その酷さはまるで終戦間際の日本の状況のようです。


●既に終っていた日本経済。そしてその悲劇は世界に波及する。

今言われている解散選挙を大手新聞が「アベノミクス審判」などと馬鹿みたいに書立てているが、間が抜けているにも程がある。福島原発事故とアベノミクス(別名「ドアホノミクス」とも言う)でとっくに日本経済は終っていたのだ。
「異次元金融緩和」とは他でもない
詐欺です!!!

憲法違反者安倍晋三も黒田日銀総裁も当然ながら今後刑事訴追を免れることはないでしょう。それに大手マスコミと経団連をはじめとした大企業の責任も問われることになります。場合によっては業務上過失致死罪も問われることになるでしょう。まあせいぜい覚悟しておくことです。国民を甘く見すぎたつけがこれから返って行くという訳です。今後一生が罪滅ぼしということにもなりましょう。


取急ぎ、つづく




関連記事

<< 「大義なき解散は憲法違反」 by 森田実氏 | ホーム | 憲法違反者安倍晋三の「解散選挙」の意味 その3~「バカヤロー解散」と「世紀の頓珍漢解散」~自民党曰く「衆議院解散は首相の専権事項」に法的根拠はない!!~ >>


 ホーム