FC2ブログ

プロフィール

ハル

Author:ハル
作曲家。
 ホームページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【危急】家族会議の勧め または 原発&TPP推進による殺され方の違いについて - 12 - つづき

家族会議の勧め または 原発&TPP推進による殺され方の違いについて - 12 - (2013/10/15) のつづきです。



●人類史上最も不幸な失敗をしでかそうとしているのは他でもない、この日本(の政府)!!!


国民はこんな馬鹿げた茶番に騙されたら終りです!
そもそも憲法を逸脱した出鱈目政権にこんな法案を出す権限さえありはしないのだ!!
この不正を許したら皆さん、終りですね!(皆でご愁傷様と言わざるを得ない)

以下、転載。


秘密保護法案:公明党が了承 政府22日にも閣議決定
毎日新聞 2013年10月17日 02時45分(最終更新 10月17日 02時52分)

 政府と公明党は16日、国家機密の情報漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法案の修正協議で、取材行為に関して「著しく不当と認められない限り、正当業務行為とする」との規定を追加することで大筋合意した。取材の自由を具体的に担保することで政府が譲歩する一方、「不当」と判断する基準はなおあいまいで、取材活動への萎縮効果が残る懸念がある。政府は22日にも法案を閣議決定し、今国会での成立を目指す。

 礒崎陽輔首相補佐官と公明党プロジェクトチームの大口善徳座長が合意した。同党は17日の幹部協議後、正式な表現も確認した上で法案提出を受け入れる。

 取材行為を罰則から除外する規定を巡っては、「知る権利と一体」と明記を求める公明党が、「取材行為は法令違反、著しく不当な方法と認められない限りは正当業務行為として罰しない」との修正案を示していた。政府は「情報漏えいの教唆(そそのかし)があった場合、漏えいした側だけが罰せられるのは不公平」と拒否してきたが、16日の協議で、公明案から「罰しない」との表現を外すことで双方が譲歩した。

 特定秘密を指定する基準作りについては「専門家から識見を聞く」とし、有識者の関与をある程度担保。歴史の検証などの観点から公明党が法案の付則に加えるよう求めていた公文書管理法、情報公開法の改正は明記せず、衆参両院の付帯決議や国会答弁で補う。

 同法案にはこれまでの修正協議で、報道の自由以外に知る権利、取材の自由を尊重する規定を追加。特定秘密の指定が30年を超える場合は内閣の承認が必要との修正も加えていた。【小山由宇、高本耕太】



転載、以上。

愚かゆえの不幸というか何と言ったらよいか? 日本の良いところをみすみす駄目にしてしまうのが、この政権なのですよ!! テレビ新聞の報道で言ってるアベコベ氏(安倍氏のこと)の上辺だけの空虚な言葉に惑わされないでください。全部間違っています! 

さあ皆さん、ゴルディアスの結び目を解くのは何方でしょう? 政府はブレーキが莫迦になってます。



●米国がしてたように日本政府による国民へのプライバシー侵害が合法化されてしまう! 本来犯罪であることですが、貴女はそれを許せますか?!


おすすめブログ記事【重大】

【秘密保全法】 「秘密」とは無関係に”身辺調査”実施による「国民監視」の狙いが明らかに - 暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~


つづく



…………
関連記事

<< 【危急】家族会議の勧め または 原発&TPP推進による殺され方の違いについて - 12 - つづき その2(さらに訂正・追記あり) | ホーム | 家族会議の勧め または 原発&TPP推進による殺され方の違いについて - 12 - >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。