プロフィール

harouen

Author:harouen
作曲家。
 ホームページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

新政権における「選挙制度改革」と「憲法裁判所」と「憲法警察」の創設は必須!ということについて

『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』矢部宏治・孫崎享 対談 (2014/10/13) のつづきです。


不条理システム - Monologue II -
新政権における「選挙制度改革」と「憲法裁判所」と「憲法警察」の創設は必須!ということについて


●安倍をはじめとした政治家それに官僚・企業の憲法違反、検察警察裁判所(&暴力団?!)ぐるみでの冤罪創成、そして不正選挙...


いったい何なんだ、この不正の数々は!? あきれてものも言えなくなるほどのこの現実に対して貴方はどう反応するのでしょうか?

日々の生活に追われてそれどころではない?!

権力者が貴方にそう思わすことこそが貴方と貴方の子供たちとそのまた子供たちを「殺す!!!」権力者(=テロリスト)の悪巧みなのです。いいかげんに目覚めなければ!

これらの諸問題を解決するためにはまず内側からの改正が必要なのです。

「改正」って言っても、決して自民党の「憲法改正」などとは混同なさらないように! 自民党はCIAの資金提供に拠って培われた正真正銘の売国政権なのですから。一見正反対の右翼的な勢力を巧みに利用しつつ成し遂げようとしている彼らの悪巧みを見抜かなければ! (と言っても当事者である安倍はどこまでそれを認識しているのか甚だ疑問だ。彼はものの見事にコンプラドールを全うしているとしか見えないからだ。売国奴そのものを見事に演じているからだ。実に憐れなものである。そうであれば彼には精神レベルでの「治療」が必要なのです。)
そうしたことをしかと踏まえた上で、「選挙制度の改正と 憲法裁判所 それに憲法警察の創設は必須だ」ということをどうかご理解戴きたい。当然今の「政権」に存在理由などない。(それでも一京歩譲って言えるかも知れないこと、それは彼らは永遠の反面教師だということだけです... 安倍のような憲法違反者を現行犯逮捕出来るような仕組が必須なのです。そして裁判所が憲法に書かれているまま憲法を遵守するための「終審裁判所」であるということを実行するということ!)



●「選挙制度」の改正と 「憲法裁判所」それに「憲法警察」の創設は必須だ!


既に憲法上の存在理由を失ってしまった今の「世紀の頓珍漢政府」または「ゾンビ政権」では望むべくもないが(全員今すぐにでも罷免処分が妥当だ!)、来る新政権(「利権特権を拒否するフツーの市民」{by 山崎康彦さん}に拠る政権)では実現させなければなりません。宮沢賢治曰く「世の中全体が幸福にならない限り個人の幸福はない」ということでもあると思います。政治が心ある命をも侵害している! それは明らかに憲法違反だ! 傍らで子供をはじめとして人々が殺されて行ってしまう世の中なんて...!

現状に即して言えば、本来あってはならない(憲法上ありえない)憲法違反者安倍晋三ゾンビ政権を今すぐにでも終らせることだ!

憲法違反者安倍晋三政権とは「ゾンビがこの世の人たちに悪さを仕掛けている実におぞましい人たち」と言えば最も解りやすいだろうか。

それほどの不条理に充ちている人たちという意味である。

一刻も早くこの悪を終らせることがこの世の大人の責務です!
子供たちの未来を奪わないために、これ以上の犠牲者を出さないために...


では具体的にどうしたらいいのか?
それを次回の記事で書きたいと思います。


つづく



『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』矢部宏治・孫崎享 対談

日本を暗黒時代に雪崩込ませる「12月10日秘密保護法施行」のための閣議決定が今日なされてしまう!【追記あり】 (2014/10/10) のつづきです


  不条理システム - 5 -
『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』矢部宏治・孫崎享 対談



植民地日本
空が侵されている
地も侵されている

TPPに拠って
水も食べ物も医療も...
命そのものが侵されて行く

何でそんな酷いことが?
それはそういう酷いことをする人がいるから

それは誰?

以下、超おすすめ動画です。


超おすすめ動画、以上。


つづく




日本を暗黒時代に雪崩込ませる「12月10日秘密保護法施行」のための閣議決定が今日なされてしまう!【追記あり】

「9.20 辺野古に基地をつくらせない!」東京デモ ~不条理システム - Intermezzo VI - (2014/09/21) のつづきです。
前記事がタイトルだけで本文がなかったですが、それは後回しにして(後で書きます)ニュースを。


不条理システム - Intermezzo VII -
日本を暗黒時代に雪崩込ませる「12月10日秘密保護法施行」のための閣議決定が今日なされてしまう!


以下、東京新聞|TOKYO Web より転載。


秘密保護法、12月10日施行 政府、運用基準を閣議決定へ
2014年10月1日 18時19分

 政府は1日、外交、防衛などに関する国の機密漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法の施行日を12月10日とする方針を自民党プロジェクトチーム(PT)に伝え、了承された。これを受け施行日などに関する政令と、秘密の指定や解除の在り方を定めた運用基準を10月10日にも閣議決定し、秘密指定をめぐる政府内の監視機関設置など最終的な施行準備に着手する。

 行政機関による恣意的な法運用の余地が残ったままで、国民の「知る権利」や「報道の自由」を損なう懸念がある。

 世耕弘成官房副長官は1日の記者会見で、法施行日について12月10日とすることで与党と調整していると明言した。
(共同)



転載、以上。

世耕弘成にしてもどうしようもなく醜い売国奴です。
いまの日本はどうしようもなく汚らわしい売国奴たちのインチキ政権に不当にも運営されてしまっています。「運営」って言うより「破壊されている」と言った方が正しいでしょう。

国民が持っている当然の権利として憲法15条「罷免権」があります。
何度も言っていることですが、国民はこの憲法第15条を行使して今のインチキ政権を担っている偽政治家たちを一刻も早く罷免すべきです。憲法98条に「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。」とあるように彼らの公務は本来「無効」でなければならないのです。なんでこんなインチキが罷りとおてしまっているのかといえば、憲法81条「最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。」という重要な職務を最高裁判所が怠っているからで、まずこういった悪しき最高裁判所の者たちを国民は一掃しなければならないでしょう。【さらに追記:ではこのインチキ最高裁判所を担っている人たちとはいったい誰なのでしょうか? それはこちらの記事へGo!】いまの政治はとにもかくにも国民を不幸に陥れるだけの最悪最低の政治です。


【追記】
閣議決定は10月14日に!
以下、毎日jpより転載。

秘密保護法:「運用基準」自民が了承 14日にも閣議決定
毎日新聞 2014年10月10日 14時12分(最終更新 10月10日 15時17分)

 自民党は10日の総務会で、国家機密の漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法の指定や解除に関する運用基準と政令を了承した。政府は14日にも閣議決定する方針で、秘密保護法件は12月10日に施行される。

 運用基準をめぐっては、7日の総務会で、国民の知る権利や報道・取材の自由の尊重をどう担保するかなどについて「政府側の説明が不十分だ」などと懸念の声が出たため、了承が見送られていた。

 運用基準は、恣意(しい)的な指定を防ぐため、内部通報を受ける窓口を設置するよう定めている。法施行から5年後に運用状況を検討し、必要があれば見直す。【水脇友輔】



転載、以上。

つづく




| ホーム |


 ホーム