プロフィール

harouen

Author:harouen
作曲家。
 ホームページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

2013年1月17日未明(追記あり)

空から何が落ちてきた?! (01/21)のつづきです。

2013年1月17日の朝の雲
写真は、2013年1月17日の朝私が見た空の雲です。
この日の未明に葉巻型UFOが多数日本の上空に飛来したとの事。

取急ぎおすすめBlogです。
 飄(つむじ風):葉巻型超大型UFO日本の上空に涌く・・・?!
 飄(つむじ風):葉巻型超大型UFO日本の上空に涌く・・・?! その②

 アルジェリアのテロは米国が支援している民兵部隊の仕業|カレイドスコープ
 なぜテロリストは異教徒をターゲットにしたのか|カレイドスコープ
 テロリストはCIAとアルジェリアの秘密情報局から出てきた|カレイドスコープ


【追記】
現政権とは憲法違反者であって、その違反している当人が、憲法を変えようとしているのです。
そもそも憲法とは、国民が「厳重に守ってくださいよ!」と言って執政者や官僚に申渡した誓約書のようなものであって、政治家自らが改憲を口にすること自体が全く筋違いのことなのです。自民党の改憲草案は権利の主体が国民から国に傾いていて、明らかに倒錯したものです。罪を犯した者が自分に都合よく法を変えてしまって罪を逃れようとしている行為ともとれます。国民はもっともっと国に対して圧力をかけるべきだったのです。「憲法変えようなどと余計なことを考えないでしっかり守ってください! 守れないのなら辞めて頂きます!」と。
 すっかり「大本営発令」と化してしまったマスコミは絶望的なありさまですが、草の根的ネットワークによって無効化していくしかないでしょうし、もうそれだけでは間に合わないのではないかとも思えます、破局的大混乱に陥るまでに...

おすすめブログです。
反戦な家づくり アルジェリアの事件について


UFOについて
 私は遭遇体験(※)もあり、私の甥も旅先で写真に収めていることもあって、その存在に疑いを持っていませんが、様々な情報に当たっては常に一定の距離を保って見ています。問題は、「乗っているのは何方?」ということです。ナチによって極秘に開発されていたという情報もありますし、エリア51のことなども... UFO現象もまたNWOのシナリオの内とも考えられる側面があることを否定できないからです。期待感もありますが、同時に危うさも感じているので、冷静に構えていこうと思います。

※最近のそれらしき動画をYouTubeにアップしましたが、これについては残念ながら撮った本人が未だ完全には確信を持てないでいます。ここで言った「体験」とは、30年以上も前のことです。証拠品はありません。私の記憶の中だけのことです。


【新たな追記】(13/05/31)
おすすめブログ↓
飄:葉巻型マザーシップフリート画像に対する疑念?!



空から何が落ちてきた?!

以下、転載。

雷みたいな光が見えて爆発音! 関東で謎の現象多数観測、ネット騒然
2013/1/20 16:49 (J=CASTニュース)

関東広域で2013年1月20日未明、明るい光と爆発音の観測情報がインターネット上に多数投稿され、一時騒然となった。

深夜にもかかわらず情報は拡散されていき、「隕石か」「UFOでは」などさまざまな憶測がささやかれた。正体は一体何だったのだろうか。
「隕石説??なにそれこわい」しょこたんも言及

1月20日2時45分頃から、ツイッター上でこんな投稿が目立ち始めた。

「茨城に住んでる人!何分か前に爆発音したよね?!したよね?!」
「十分程前に爆発音みたいな音が聞こえた。その前に流れ星が見えたんだが…隕石でも衝突した?@栃木県南」
「さっきの雷みたいな光と、爆発音的なものは何なんだ?怖くて眠れないやん…埼玉県蓮田市より東から南の空の方だと思われ…」
「ドーンて音がして窓ガラスがビリビリ。襖もカタカタ」(千葉県北西部在住のユーザー)

また、2ちゃんねる系の地域情報掲示板「まちBBS」でも、「爆発音がきこえたけど、なんだ?」(茨城県取手市スレッド)、「青っぽく光る玉みたいなのが空から落ちてくるのを見ました」(千葉県柏市スレッド)、「何の爆発?一瞬空が光ったよ@清原」(栃木県宇都宮市スレッド)など、同様の観測情報が書き込まれた。

YouTubeには、神奈川県厚木市を走行中の乗用車のドライブレコーダーで録画された動画がアップロードされており、空から光るものが落下している様子が確認できる。

さらにタレントの中川翔子さんもブログで「え、隕石説??こわい、なにそれ、閃光と爆発音??」と書くなど、目撃者以外にも情報は広まっていき、「隕石か?UFOか?何が落ちたんだ?」と大きな話題になった。

鹿島灘の海上に隕石として落下した?

謎の光と爆発音について、天文関係者はツイッターや掲示板などで「火球ではないか」との見方を示している。

天文関連のソフトウェアや書籍の制作などを行っている「アストロアーツ」の公式サイトによると、「火球」とは非常に明るい流星のこと。流星は一般的に地上100~200キロメートルで発光し、70~90キロメートルで燃え尽き、消滅するが、火球は質量が大きいため消滅する高度がより低くなることが多いという。燃え尽きずに隕石として落下する場合もある。

また、流星研究家・愛好家の団体「日本流星研究会」の司馬康生さんのサイトでは、高速で落下する火球は大気に衝撃波を起こし、その波が遠雷のような音や、大砲を撃ったような大きな音となって地上に届くことがあり、窓ガラスが振動で割れてしまうこともあると解説されている。今回観測された「光」と「爆発音」は、火球の可能性が高そうだ。

自然現象の情報交換サイト「SonotaCo.JP」では、今回観測された火球は隕石として落下した可能性があり、鹿島灘(茨城県東部~千葉県東部)の海上に落ちたかもしれない、と書き込まれている。

転載、以上。
つづく


平和憲法起草者ベアテ・シロタ・ゴードンさんの最期の言葉を胸に刻んで.....

今回の選挙結果は取消しにしてください!! (12/17) のつづきです。


謹賀新年

旧年中は拙ブログをご覧下さいましてありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い申上げます。

先日12月30日にベアテ・シロタ・ゴードンさんがお亡くなりになられました。
ベアテ・シロタ・ゴードンさんは戦後、GHQ民生局員の一員として、日本国憲法の起草に携った方です。
ベアテさんのご提案は特に女性の権利向上に関わる14条(法の下の平等)や24条(家族生活における個人の尊厳と両性の平等)に反映されてたということですが、9条(戦争放棄)を含むこの憲法が先進的な「平和憲法」であると高く評価されていて、改憲の動きにはずっと反対されていたのです。ご親族は献花の代りに「九条の会」への寄付を呼びかけられています。
ベアテさんの最期の言葉は「日本国憲法に盛り込まれた平和条項と、女性の権利を守ってほしい」だったそうです。
私は、9条の戦争放棄は、人類の最も崇高な理念であると思い、9条を世界法にすべきであると考え、その実現を願っています。

おすすめDVD→映画『日本国憲法』ジャン・ユンカーマン

以下、転載。

訃報:日本国憲法起草のベアテ・シロタ・ゴードンさん死去
毎日新聞 2013年01月01日 14時18分(最終更新 01月01日 23時16分)
BeateSirotaGordon
ベアテ・シロタ・ゴードンさん=名古屋市で2007年2月、竹内幹撮影

拡大写真

 【ニューヨーク草野和彦】第二次世界大戦後、GHQ(連合国軍総司令部)民政局員として日本国憲法の男女平等などの条項を起草した米国人女性、ベアテ・シロタ・ゴードンさんが昨年12月30日、膵臓(すいぞう)がんのため、ニューヨーク市内の自宅で死亡した。89歳だった。親族が毎日新聞に明らかにした。

 ゴードンさんは生前、「日本の憲法は米国の憲法より素晴らしい。決して『押しつけ』ではない」と主張し、9条(戦争放棄)を含む改憲の動きに反対していた。親族は、故人への供花をする代わりに、作家の大江健三郎さんらが設立した「9条の会」への寄付などを呼びかけている。

 1923年、ウィーン生まれ。有名ピアニストだった父が東京音楽学校(現東京芸大)に招かれたことに伴い、一家で来日。5〜15歳まで東京で暮らした。米国の大学に進学後に太平洋戦争が開戦。ニューヨークで米タイム誌に勤務していたころ、日本に残った両親の無事を知ってGHQの民間人要員に応募、45年に再来日した。

 25人の民政局員の中では最年少の22歳だった。憲法起草委員会では人権部門を担当。10年間の日本生活で、貧しい家の少女の身売りなどを見知っていたことから、女性の地位向上を提案。14条(法の下の平等)や24条(両性の平等)に反映された。

 米国に戻った後もしばしば講演などで来日。00年5月2日には国会の憲法調査会で意見陳述し、「日本国憲法は世界に誇るモデルだから50年以上も改正されなかった。他の国にその精神を広げてほしい」と訴えた。

 また、ニューヨークの日米交流団体「ジャパン・ソサエティー」などに勤務し、狂言の野村万蔵さん、版画家の棟方志功さん、茶道の千宗室さんらを米国で紹介。文化の橋渡し役としても活躍した。



転載、以上。
ご冥福をお祈り申上げます。


つづく


| ホーム |


 ホーム