プロフィール

harouen

Author:harouen
作曲家。
 ホームページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双子座流星群

今年は見れるかも...

【特集】2013年 ふたご座流星群 - AstroArts


スポンサーサイト

金環日食 眼科学会まとめ

去る5月20日に「明日の金環日蝕の観察は危ない!」とこのブログで警告を発しましたが、実際どのような結果であったか、その結果報告のニュースを見つけましたのでメモしておきます。
以下、転載。


金環日食:眼科を受診した人1000人に…眼科学会まとめ

毎日新聞 2012年08月25日 15時00分

 5月21日の金環日食で目が見えにくくなったなどの異常を訴えて眼科を受診した人が約1000人に上ったことが、日本眼科学会(石橋達朗理事長)のまとめで分かった。天文現象に伴う健康影響としては異例の多さとなった。25日、横浜市で開かれているシンポジウムで、聖隷浜松病院(浜松市)の尾花明・眼科部長が発表した。

 調査は全国の眼科から6月末までに寄せられた報告を集計した。受診者は40都道府県の2〜92歳の958人(男性288人、女性670人)で、平均年齢は43.5歳だった。網膜の異常などを確認できたのは80人(8.4%)。深刻な障害が残ったという報告はなかった。

 子どもの目の方が太陽光に弱いために影響が懸念されていたが、12歳以下は69人と全体の7%にとどまった。

 金環日食は太陽が月に隠されてリング状に輝く天文現象。眼科医らは専用グラスの使用などを呼びかけたが、異常を訴えた人の約7割が裸眼で観察していたという。【斎藤広子】


転載、以上。
…これが全てではないでしょうけど...


明日の金環日蝕の観察は危ない!(追記あり)

明日の金環日蝕の観察には特別な用意が必要です。肉眼や下敷などで無闇に観ようとは絶対に思わないでください。目に多大なダメージを受けます(場合によっては失明も...?!)。
太陽観測用の眼鏡やオペラグラス、それも、ちゃんと専門家の先生から太鼓判を押された絶対に安全が保証されたものでなければ観ない方が良いです。十分気をつけてください!

参考→アストロアーツ「金環日蝕2012」どうすれば見られるの?安全に観察するための必須事項と観察方法

追記:参考→金環日食 眼科学会まとめ (08/25)



| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。