プロフィール

harouen

Author:harouen
作曲家。
 ホームページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

明けましてアベ打倒!!!

明けましてアベ打倒!!!

昨年の今頃は熱を出して寝込んでいました。
それでも対処療法的な熱冷ましや薬や医者にかかることもせず自力で治しました。
発熱によって菌を殺すので、熱が出たら諦めて熱を冷まそうとはしないで静かに寝込むのがいいのです。(一生懸命菌を殺すべく闘っているところに熱冷ましなんて焼石に水です。)
病後感は薬に頼った時よりもそのほうがすっきり感が強いのです。

医療を全面否定するつもりはありませんが、これからTPPが実施されてしまったら、病人の多くは多国籍企業の製薬会社や保険会社の餌食となってしまうでしょう。

この世には「死の商人たち」がいるのです。
人の不幸や死が儲けになる人たちがいるのです。
そして311とその「死の商人たち」とは抜差しならない関係にありました。
これは超金融資本主義のなれの果てなのですが、つまりは人の命や幸福よりもとにかく出来る限りお金を得てそれで自分さえ豊かならいいという冷酷な人たちを生み出してしまったのです。

安倍晋三という憲法違反者&犯罪容疑者はその手先であり且つ自らもそれを志向する超偽善者なのですが、こんな嘔吐を催すほどの気持悪い愚劣と醜悪を極め尽くしたような罪人が今まで放置されてきてしまっていたということこそが、この世の異常事態なのです。

決して安倍だけが悪ではありません。米国ネオコンと世界的金融マフィアが背後にいますが、まずはこの国で、安倍打倒なくして子供たちの未来はありません。あったとしてもそれはとても暗く惨憺たる世界に違いありません。
起上がりましょう、みなさん!



aynu-utar hopuni yan !!






少し遅れた年頭のご挨拶

暫く更新が途絶えましたが私は生きています。

この世の中のことで気になったことをメモして行くという趣旨で始めたこのブログでしたが、その「気になったこと」が余りにも重大事だったので、一時は私の感受性の許容量を超えてパニックに襲われたこともありました。しかしそれでも、段々と、まるで霧が徐々に晴れて行くように、その事の真相が見えてきて、尚且つその事に対する具体策までもが考えられるようになって来たようです。とは言え、まだまだ解らないことだらけで勉強は必要です。しかしそれでも、少し前の私と今の私とでは段違いの差があるのではないか と自分では思っています。

私の今年の抱負は、自分の持っている能力をフルに使って、少しでも、この世の中に貢献したい ということです。
それを「かたち」にしたい!

その第一歩が「大人は手遅れかもしれないが子供たちに伝えなければならないことがある」です。

これは 宮澤賢治とスウィフトが最初の文学体験であった私の ひとつの「宣言」でもあります。




|aynu-utar hopuni yan !|

| ホーム |


 ホーム